熱中症のホームページ

アウトドアの画像

熱中症の原因とは?

暑くなると気掛かりなのが熱中症です。特にクラブ活動等で運動中には注意が必要です。
熱中症は、かつては熱射病、日射病などといわれていたもので、
他に熱ケイレン、熱失神、熱疲労なども含まれます。

身体の中で沢山の熱が発生する様な状況にあり、体温を維持するための生理的な反応がうまくいかなくなって、
最終的には全身の臓器の機能不全という恐ろしい事態に陥ります。

実は熱中症は、身体の内部から大量の熱を発生する事、脱水を起こす事が原因であり、
寒いとされる時期でも起きます。また、運動開始から30分程度で発症する例もあります。
熱中症の症状としては、まず四肢や腹筋等に痛みを伴うけいれんが見られます。

また数秒間程度の短い失神を起こす事があります。後者は運動を止めた直後に起こる事が多いとされ、
運動によるポンプ作用が止まる事により、一時的に脳への血流が減るためです。
症状が進むとめまいや疲労感、虚脱感、頭痛、吐き気などの症状が起こります。
この状況になったら放置したり誤った判断を行ったりすると危険です。

そして重症になると意識障害や過呼吸、ショック症状等を起こします。
これは多臓器障害によるもので非常に危険です。直ちに適切な処置を行う必要があります。
熱中症にかかった者が発生した場合には、重度の場合は迅速な処置が必要です。

まず手当の基本は安静にさせる事です。衣服を緩めたり脱がせたりして、身体を冷やしやすい様にします。
そして必要な冷却を行います。意識がハッキリしていて吐き気を伴わない場合には水分を補給します。
水分補給の場合、かいてしまった汗を補充する事になります。

水分の摂取と運動時の注意点

水だけだと吸収のスピードがあまりよくないこと、
汗で塩分も一緒に排出されてしまうことから、水に少し塩分を加えて補給します。
濃度は0.9%程度です。ただ、うすい塩水は飲みにくいので、糖分を混ぜる事により飲みやすくします。
スポーツドリンクは塩分をバランスよく含み、飲みやすくしてあるのです。

ただしスポーツドリンクの飲み過ぎは糖質過多で疲労の原因になるので注意が必要です。
水分補給に加えて、体調管理も重要です。
運動は身体を痛めつける事になりますが、適切な休養を取る事により回復し、以前よりも強くなります。

ただ、負担が強すぎると回復に時間がかかり、間違えると怪我してしまいます。
暑い環境では負担が大きくなるので、オーバートレーニングに注意しながら運動する事の重要性を挙げています。
それでは実際に熱中症はどのような状況で発生しているのでしょうか。

今までの熱中症により死亡に至った事故の事例を整理して、
事故当時に何をしていたのかという経過、その時の気象状況、発症後の処置等を記しています。
ここからどういう点に注意すべきかを考え、再発防止に繋がる様にしなければならないでしょう。

やはり6〜8月の例が多いのですが、中には5月や10月の様な割と涼しいと思われる時でも発生しています。

自然体験活動QQレスキュー隊

怪我している人

応急手当と注意点

アウトドアで活動していると、思わぬところで負傷してしまう事があります。
季節や気象条件、活動場所によってその負傷の種類は違いますが、
医療機関へたどり着くのに時間がかかる事があります。その場合、怪我や傷の応急手当が必要となります。

怪我をする前に、まずはどういった事に注意すればいいのかを知っておく事が大切です。
例えば鼻血が出てきたら、どうすればいいのでしょうか。俗に言われる処置が、実はまずい処置かも知れません。

それから猛暑の時に特に気を付けなければなりませんが、暑い日に活動する際に必要なものは何でしょうか。
なるべくならそういう事態にはなりたくありませんが、野山で隈とばったり会ったらどうすればいいのでしょう。
実は死んだふりはダメなのです。このようなクイズが30ほどあり、対策を学んでいく事が出来ます。

ではアウトドアの活動の際に、注意すべき事は何でしょう。例えば昼間行うネイチャーウォッチングと、
夜間に行うスターウォッチングでは、注意すべき点がだいぶ異なります。

ネイチャーウォッチングでは一人で行動するのを避ける他に、夜になる前に引き上げる事が肝心です。
一方でスターウォッチングは、足元が不安定な場所で観察を行わない事です。
明かりの少ないところが観察には適しているのですが、足元が不安定だと落下の危険があるからです。

キャンプや水辺では

キャンプで注意すべき点は、調理の時の刃物の取り扱い、それから火の取り扱いです。
包丁の取り扱いの他に、薪割りでナタを使う場合の取り扱いにも注意です。
うっかりすると火傷の恐れがありますし、夏場の野外炊飯では食中毒に注意が必要です。

水遊びでは準備運動を忘れてはいけません。また、天気の安定した時期以外は、海に入らない様にしましょう。
それから、溺れそうになっている人を発見したら、自分だけで助けにいこうとしない事です。
うっかりすると自分も溺れてしまう恐れがあるからです。

大きな声や身振りで、周囲の人に知らせて助けを求める事です。
岸にいる場合にはロープや浮き輪等を投げ入れながら、他の人の助けを求める事です。

転ばぬ先の杖として

それでも怪我をしてしまった場合、具体的な手当や応急処置の方法を知っておく事が大切です。
切り傷、擦り傷などの軽いものから心肺停止、のど詰まり、低体温症、脱水症状など、
処置をしないと命に関わるものまで、具体的な応急処置の方法が書かれています。

心肺蘇生法やAEDの使い方も、緊急時の処置としては非常に有用です。
AEDは機器そのものが利用方法の音声ガイドを再生する様にはなっていますが、
平常時に使い方を知っておく事で、いざという時に慌てないですむ事になります。

アウトドアに出かける前に、ファーストエイドキットを用意して荷物に入れておけば、応急処置に非常に重宝します。
医薬品やちょっとした器具の他、保険証のコピーも医療機関受診の際には必要です。
ちょっと荷物が重くなってしまいますが、いざという時の備えは必要です。

応急手当に役立つのが、自然体験活動QQレスキュー隊のサイトです。

ジャパンハート

国境なき医師団の画像

海外で活躍する医師団

海外の様々な地域に公平、不偏不党で医療活動に従事するNGOとして、
国境なき医師団や世界の医療団があります。これらの団体には医師や看護師、技師、現地の状況を
十分に理解しているもの、ロジスティックの専門家等が共同で活動を行っています。

これとは別に海外医療の現場で活躍する日本独自の医師団がいます。

それが「ジャパンハート」です。
「医療の届かないところに医療を届けること」が基本理念です。

医療実績と運営状況

まず長年の軍事政権下にあるミャンマーから活動を開始し、今では年間1000件の手術を行い、
1万人の患者たちを診療しています。その後長期間の内戦状態にあったカンボジアにも範囲を広げて、
応急処置法の指導、医療サポートを行っています。医療活動の他、保健活動や人材育成、学校における
保健室の整備、災害や病気で親を亡くした孤児の施設運営等を行っています。

例としてミャンマーでは養育施設 Dream Train を運営しています。
ミャンマーの社会福祉省傘下の施設のため、簡単に外部から近づくのは難しく、
現地の様子を知るには複雑な手続きが必要なようです。

また、国内でも活動を広げています。例えば離島やへき地に医療従事者を派遣しています。
このような地域で医療従事者が研修を行うことにより、現地の医療体制が充実するだけでなく、
医療従事者自身も地域医療を経験するという意義深いものになります。

がんと戦う子どもとその家族に、旅行等の夢の実現を支援する事業も進めています。
2011年には、一番リクエストの多かった東京ディズニーランドに家族を招待しています。

これらの活動について、現地で従事している看護師が交代でブログに執筆しています。
一つのブログに海外での活動、国内でのへき地、離島医療などが次々更新されており、
その活動の活発さが伝わってきます。

内容にしても、写真を交えた説明が充実しており、活動している事の意義が分かります。

スタッフは無給で働く

医療関係者以外の一般の人が支援をするにはどうすればいいのでしょう。一番身近なのは、やはり寄付です。
一時的に寄付する他、会員として継続的に支援するもの、ミャンマーの孤児を救う里親制度など
長期的なものもあります。注目すべき事は、寄付金はできるだけ現地の医療行為等に使う事として、
スタッフは最低1年間は無償、無給で働く事を基本としているそうです。

現地でボランティアとして働く場合も、参加費を別に納めてもらっています。
現地での宿泊費や食費等はそこから使われ、さらに現地の患者の医療費にも充てられます。

ミャンマーでの医療活動のボランティアは1年以上の期間に及びます。
まず3日から1週間の休暇を利用して行う国際医療短期ボランティアに参加してもらい、
その経験者だけが長期ボランティアに参加できることとなっています。活動場所はミャンマーかカンボジアです。

ミャンマーは診療、カンボジアは巡回診療、手術・病棟管理を行うそうです。

公益社団法人 地域医療振興協会

離島の画像

過疎地域での医療活動

日本の医療体制で今後問題となることの一つは、山間部や離島の様な過疎地域での医療の充実が継続できるかどうかです。
高度な専門治療のみならず、日常の医療すら満足に受けられないという地域が日本にはあります。

65歳以上の住民が人口の半分以上を占める「限界集落」では、
具合が悪くなっても患者が医療機関に診療を受けに行くことが困難です。

また、地域の中核病院においても医師不足が指摘されています。

そこで地域医療振興協会は、
すべての地域で、いついかなる時でも医療が受けられる体制を備えようと、
自治体からの委託などを受けて病院、診療所などの施設の運営を行っています。

医師が不足している医療機関への医師の派遣にも取り組んでいます。

地域の医療機関で必要とされるのはどちらかというと、
一つの分野のスペシャリストではなく、総合的に対応できるジェネラリストです。

たとえば普通の風邪の診療、慢性的な疾患の経過観察、
様々な症状を横断的に診察できることです。
もちろん、必要ならば適切なスペシャリストを紹介できることも求められます。

このようなジェネラリストを育成することも、地域医療振興協会の重要な業務の一つとしています。
また、離島への医師派遣が必要になった場合に、ヘリコプターで移動するという事も始めています。

具体的に見てみると、医師派遣によるへき地支援は年間のべ6000日以上。
普段は公募制ですが、必要に応じて緊急派遣も行っています。

また、へき地医療に対する理解を深めるため、
ジェネラリスト育成には3ヵ月の地域研修を取り入れています。

その研修の後、地域医療専門医を育成するプログラムや、
アメリカ式の教育方法を用いるプログラム、そして病院の専門家研修などを実施しています。

離島医療や医師の気持ち

へき地支援の分かりやすい例として、沖縄の離島医療が挙げられます。
「ゆいまーる」という助け合いの心という意味の名を持つプロジェクトを立ち上げ、
へき地医療支援、ドクターバンク事業などを行っています。

出産や育児などでしばらく現場を離れていた医師や、
退職した医師の再就職に関する相談に応じており、随時エントリーを受け付けています。

条件が適合すれば現地で診療に携わってもらうという事です。
勤務期間は1週間程度から1年以上まで多岐にわたっています。

実際に地域で活躍する医師たちは、どのようなことを考えて活動しているのでしょう。
医師たちの本音が聞けるブログが週1回ほど更新されています。

たとえば都市部で地域医療の研修をしているところが不思議に思えますが、
昔ながらのエレベーターのない団地が林立していて、一人暮らしの高齢者が身動きがとりにくく困っているそうです。

家族との連絡が困難だったり、家族が介護できなかったりするなど、
地方の病院よりも却って難しいこともあるそうです。
他にも地方の病院における困難や、逆に地方に行ったためにわかったこと、得たことなどをつづっています。

日本赤十字社

赤十字の画像

赤十字について

1859年にアンリー・デュナンが、イタリア統一戦争の悲惨な状況を目の当たりにし、
苦しむ人々を敵味方の分け隔てなく救済するという着想を得て創設された赤十字は、
今や世界中で活動を行っています。国によっては赤十字ではなく赤新月の場合もあるそうです。

日本赤十字社は1877年に創立された博愛社を前身としています。
対外的には日清戦争の救護が最初の大きな活動のようです。
その後、日本周辺の戦争や孤児、避難民の救済などで活動を行っています。

最近は東日本大震災などの自然災害の被害救済が目立っているのではないでしょうか。

東日本大震災時の活動について

東日本大震災の際、国内外から莫大な義援金が集まったと報じられました。
重要な事は、全額が被災された方々に届けられ、日本赤十字社が取る事が一切ないという事です。

義援金の取扱いについての透明性を確保するため、国際監査基準に基づく監査を受けています。
1年以上経ち、集まった義援金は日本赤十字社と中央共同募金の両団体を合わせて3000億円以上。
大変な額が善意で集まったという事が分かります。

被災地では様々な物資が不足していたという報道が相次ぎましたが、
日本赤十字社では救援物資は受け付けておりません。

なぜならば被災者が必要とするものと寄付されるものがうまく適合しないという事が多いからです。
また必要なものは時々刻々変わっていきます。

日本赤十字社は緊急に必要とされる救援物資として
毛布、洗面用品などが入った日用品セットをもともと備蓄しており、
災害発生時にそれを配布しているそうです。

義援金を日本赤十字社の活動に使っている訳ではないとすると、
活動の費用はどこから得ているのでしょう。
日本赤十字社を支えているのは「社員」と呼ばれる制度です。

活動に賛同し、毎年500円以上の資金協力をしている人々で、個人、法人を問わずに参加できます。
この社員たちの協力により日本赤十字社の人々の人件費、研修費が賄われ、
いざという時の準備ができているのです。

もしかしたら町内会や自治会で知らず知らずのうちに協力しているかもしれません。

私たちにできること

意外に思われることもあるかもかもしれませんが、災害時の救護活動は国が補償しているのです。
日本赤十字社の救護班が被災地に出動して救護活動を行った場合、
旅費、医薬品、衛生材料の実費を国が補償することが、
災害救助法で定められているのです。

あくまで補償されるのは実費で、人件費や研修費は日本赤十字社の負担です。

それから人々を救う活動として献血があります。
16歳から69歳までの健康な方が協力できます。

特定の病気にかかったことのある人や
服薬中、妊娠中の方、輸血歴のある方、海外旅行者などは献血ができません。
献血した人が体調を崩す可能性があることや、
得られた血による献血で感染症が広まる恐れがあるからです。

献血は移動する献血バスか常設の献血場所でできます。
献血バスがどこにいるかは、都道府県別にスケジュールが公開されています。

日本ジェネリック製薬協会

医薬品の画像

ジェネリック医薬品とは

医療用の医薬品は、まず10年から15年の歳月と数百億円といわれる開発費をかけて開発されます。
ここで開発された新薬は、特許の出願により20年から25年間は独占的に製造販売できます。
この特許期間が過ぎると、誰でも開発できる様になります。

このため、他の製薬会社から同じ有効成分を持つ薬が製造販売される様になります。
最初の薬を先発医薬品、後者をジェネリック医薬品といいます。

ジェネリック医薬品に置き換えると、薬代はどれくらい安くなるのでしょうか。
ここでは処方されている医薬品名を検索し、一日の服用数、処方されているを入力すると
ジェネリック医薬品に切り替える前と切り替えた後でどれくらい差額が発生するかがすぐに計算されます。

気になる薬をいくつか入力してみましたところ、
ジェネリック医薬品に切り替えると価格が半分以下になる事が多いようです。

さらにたいていの場合は患者は全額負担せず、高齢者は1割負担、
それ以外の方は3割負担の場合が多いです。

この場合の差額も計算して表示されますので分かりやすいです。
もし生活習慣病で1年間飲み続ける薬だったら、
年間の差額がどれくらいになるかもクリック一つで計算されます。
この機能はパソコンだけでなく、スマートフォンからも利用できます。

安全性について

ただジェネリック医薬品は先発医薬品と同等であるとして厚生労働省から認められているものの、
医療現場では品質、供給体制、情報提供体制等に関して問題点が指摘され、
信頼性が高いとは言えない状況が続いていました。

2007年に厚生労働省が使用促進のためのアクションプログラムを策定し、
患者のみならず医療関係者も安心してジェネリック医薬品を選択できる様に取り組みを始めました。
そのポイントは5つです。

安定供給、品質確保、ジェネリック医薬品メーカーによる情報提供、
使用促進に係る環境整備、医療保険制度上の事項に関して
国および関係者が行うべき取り組みを明らかにする事です。

政府はインターネットテレビでジェネリック医薬品について、
専門家のインタビューを交えながら、その効果や安全性について紹介しています。
さらに、日本を1000人の村に置き換えて、国民皆保険制度の現状についてまとめた映像を公開しています。

医療保険における医療費効率化の観点から、
ジェネリック医薬品が必要であるという事が理解しやすくなっています。

医療関係者に対しては、日本ジェネリック製薬協会の対応に関する説明を載せている他、
ジェネリック医薬品に関する品質、有効性、安全性等を取り上げた論文、
学会報告をデータベース化し、情報提供を行っています。

学会や論文誌で検証されたという事で、安全性の裏付けをしようという事のようです。

これらの活動については、報道関係者に広く知ってもらう事も重要です。
このため透明性のガイドラインや各種の調査、分析結果を公表しております。
また、発表や会見の予定についても随時掲載しています。

かんじゃさんの薬箱 | 「ジェネリック医薬品」情報サイト

医薬品(錠剤)の画像

開発期間が短いジェネリック

病気に対する特効薬の開発には、多大な費用と時間を要します。
だいたい10年から15年かかり、開発費が数百億円ということもあるそうです。

そのため、開発された薬は特許が申請されます。
この特許のため、特効薬(先発医薬品)の価格は暫くの間は維持されます。
特許満了後に有効成分、分量、用法、用量、効能及び効果が同じ医薬品として申請され、
製造販売される医薬品がジェネリック医薬品です。

こちらは平均して開発期間が3年ほどです。
ジェネリック医薬品は厚生労働省に認められた、きちんとした薬です。
製品によっては先発医薬品よりも飲みやすさや保存性等の点で工夫されているものがあります。

先発医薬品とジェネリック医薬品は違う企業が作っていますが、
有効性や安全性が確認されており、同じ医薬品として扱われています。

たいていの場合は先発医薬品よりもジェネリック医薬品の方が安いのですが、
たまに患者の負担が上がることがあります。

ジェネリックのメリット

ジェネリック医薬品を利用するとどのようなメリットがあるのでしょう。
まず患者の薬代の負担が減るという事があります。

そして、医療費は健康保険で一部負担となっておりますので、
健康保険組合や国民健康保険での負担も減ります。

国庫負担が減る事により、医療行政の質の向上が期待できます。
欧米では特許が満了した1ヶ月後にはおよそ80%がジェネリック医薬品に置き換わる薬があるそうです。
アメリカ、イギリス、ドイツでは数量ベースで全体の半分以上がジェネリック医薬品である一方、
日本では2006年度の時点で2割以下しかありません。

探し方と処方について

それではジェネリック医薬品はどのように探せばいいのでしょうか。
一番簡単な方法は、処方箋を薬局に持っていってジェネリック医薬品を希望する事です。
でも、医薬品によってはジェネリック医薬品が存在しないことがあります。

そこでこのサイトでは、ジェネリック医薬品の検索が出来る様になっています。
処方薬の名前を入力すると、その薬が先発医薬品かジェネリック医薬品科という区分の他、
同等の医薬品にどのようなものがあるかを表示します。

また、薬価も出てきますので、どちらの薬を選ぶとどれくらい薬代に差が出るのかが明らかになります。
ジェネリック医薬品の方が価格が半額以下という場合もあります。

ジェネリック医薬品を処方してもらう場合、
処方箋にその名称が記載されていれば、薬局で処方してもらえます。

また最近は処方箋様式が変更になり、「後発品への変更不可」というチェック欄に医師のサインがなければ、
患者が先発医薬品かジェネリック医薬品かのいずれかを選べる様になっています。

また、最初からジェネリック医薬品を積極的に取り入れている医療機関を使うという方法もあります。
かんじゃさんの薬箱 | 「ジェネリック医薬品」情報サイトで、
どの病院や薬局で推奨しているのかが、都道府県別で調べられる様になっています。

ただし病院での受診や、薬局への処方箋持込に際しては、事前に電話で相談しておいた方がよさそうです。

おくすり110番・・病院の薬がよくわかる

薬剤師の画像

処方された薬を調べる

病院で診察を受けた後、医師から処方箋を受け取って薬局に行き、薬を受け取ります。

たいていの場合は医師がどういう薬を出すかを患者に丁寧に説明しながら処方箋を作成し、
処方箋を受け取った薬局の薬剤師も改めて内容や服用の仕方を説明してくれます。
でも、複雑なものですと分からなくなります。

そこで病院で処方された薬がどのようなものかを「おくすり110番・・病院の薬がよくわかる」で調べてみる事にします。

含まれている成分の量によって別の薬になったり、類似した名前の薬があるので紛らわしいですが、
錠剤やカプセルに記載されている名前や記号を入力する事で、メーカー、分類、系統、さらには効能も分かります。

専門的な言葉が出てきたら、さらにその言葉を検索エンジンで調べながら読んでいくと理解しやすいでしょう。

効き目が強いので注意が必要

処方される薬は一般に市販されている薬よりも効き目が強いものが多いです。
その分、副作用の恐れもあります。

処方される時に医薬品の注意点を説明されると思いますが、
ここで改めて注意点をチェックしておくといいでしょう。

例えば持病やアレルギーのある人、服用中の薬が他にある人は、
処方される前に医師に伝えておく事が必要です。

ショック症状を起こしたり、薬同士の相乗効果で重い副作用が発生したら大変です。
また、薬同士でなくても飲みあわせや食べ合わせの問題もあります。
当然の事ながら、自分の判断で飲むのを止めるのは危うい場合が多いです。

副作用が起きない様に医師は慎重に処方箋を作成し、薬剤師も丁寧に説明しているはずですが、
副作用がわずかながら発生する事があります。

その薬を服用する事により、どのような副作用が発生するかも気になる人は見ておきましょう。
初期症状に念のため注意し、明らかに該当するものがあれば直ちに病院で診察を受けましょう。
特に気になるのは、妊娠している方が薬を服用する場合です。
どのような注意をすればいいのでしょう。

女性ホルモン薬は禁忌

まずちょっとした先天異常は、薬を服用していなくても100人に2人程度発生するそうです。
大部分の薬はこの確率を高める様なものはないのですが、
ごく一部の特殊な薬に注意が必要です。
それではどのような薬に注意が必要なのか、主な薬の危険度が列記されています。

禁忌の薬は赤字で表記されています。
このリストの中にはアルコールとニコチンも含まれています。
飲酒や喫煙が胎児に及ぼす影響もきちんと評価しているのは、リスク評価の上で有用です。
当然の事ですが、ほとんどの女性ホルモン薬は禁忌です。

禁忌の薬については、妊婦以外にも様々な症状を抱えている人に対する分類がなされています。
循環器、消化器等様々であり、服用により却って症状を重くしてしまうものが列記されています。

かかりつけの医師ならば普段から理解しているでしょうが、
そうでない場合には処方される前に医師に伝えておく必要があります。
使い方を誤ると重大な副作用を引き起こす恐れのある、警告のある薬もリストが存在します。