カテゴリー: 薬について

かんじゃさんの薬箱 | 「ジェネリック医薬品」情報サイト

医薬品(錠剤)の画像

開発期間が短いジェネリック

病気に対する特効薬の開発には、多大な費用と時間を要します。
だいたい10年から15年かかり、開発費が数百億円ということもあるそうです。

そのため、開発された薬は特許が申請されます。
この特許のため、特効薬(先発医薬品)の価格は暫くの間は維持されます。
特許満了後に有効成分、分量、用法、用量、効能及び効果が同じ医薬品として申請され、
製造販売される医薬品がジェネリック医薬品です。

こちらは平均して開発期間が3年ほどです。
ジェネリック医薬品は厚生労働省に認められた、きちんとした薬です。
製品によっては先発医薬品よりも飲みやすさや保存性等の点で工夫されているものがあります。

先発医薬品とジェネリック医薬品は違う企業が作っていますが、
有効性や安全性が確認されており、同じ医薬品として扱われています。

たいていの場合は先発医薬品よりもジェネリック医薬品の方が安いのですが、
たまに患者の負担が上がることがあります。

ジェネリックのメリット

ジェネリック医薬品を利用するとどのようなメリットがあるのでしょう。
まず患者の薬代の負担が減るという事があります。

そして、医療費は健康保険で一部負担となっておりますので、
健康保険組合や国民健康保険での負担も減ります。

国庫負担が減る事により、医療行政の質の向上が期待できます。
欧米では特許が満了した1ヶ月後にはおよそ80%がジェネリック医薬品に置き換わる薬があるそうです。
アメリカ、イギリス、ドイツでは数量ベースで全体の半分以上がジェネリック医薬品である一方、
日本では2006年度の時点で2割以下しかありません。

探し方と処方について

それではジェネリック医薬品はどのように探せばいいのでしょうか。
一番簡単な方法は、処方箋を薬局に持っていってジェネリック医薬品を希望する事です。
でも、医薬品によってはジェネリック医薬品が存在しないことがあります。

そこでこのサイトでは、ジェネリック医薬品の検索が出来る様になっています。
処方薬の名前を入力すると、その薬が先発医薬品かジェネリック医薬品科という区分の他、
同等の医薬品にどのようなものがあるかを表示します。

また、薬価も出てきますので、どちらの薬を選ぶとどれくらい薬代に差が出るのかが明らかになります。
ジェネリック医薬品の方が価格が半額以下という場合もあります。

ジェネリック医薬品を処方してもらう場合、
処方箋にその名称が記載されていれば、薬局で処方してもらえます。

また最近は処方箋様式が変更になり、「後発品への変更不可」というチェック欄に医師のサインがなければ、
患者が先発医薬品かジェネリック医薬品かのいずれかを選べる様になっています。

また、最初からジェネリック医薬品を積極的に取り入れている医療機関を使うという方法もあります。
かんじゃさんの薬箱 | 「ジェネリック医薬品」情報サイトで、
どの病院や薬局で推奨しているのかが、都道府県別で調べられる様になっています。

ただし病院での受診や、薬局への処方箋持込に際しては、事前に電話で相談しておいた方がよさそうです。

おくすり110番・・病院の薬がよくわかる

薬剤師の画像

処方された薬を調べる

病院で診察を受けた後、医師から処方箋を受け取って薬局に行き、薬を受け取ります。

たいていの場合は医師がどういう薬を出すかを患者に丁寧に説明しながら処方箋を作成し、
処方箋を受け取った薬局の薬剤師も改めて内容や服用の仕方を説明してくれます。
でも、複雑なものですと分からなくなります。

そこで病院で処方された薬がどのようなものかを「おくすり110番・・病院の薬がよくわかる」で調べてみる事にします。

含まれている成分の量によって別の薬になったり、類似した名前の薬があるので紛らわしいですが、
錠剤やカプセルに記載されている名前や記号を入力する事で、メーカー、分類、系統、さらには効能も分かります。

専門的な言葉が出てきたら、さらにその言葉を検索エンジンで調べながら読んでいくと理解しやすいでしょう。

効き目が強いので注意が必要

処方される薬は一般に市販されている薬よりも効き目が強いものが多いです。
その分、副作用の恐れもあります。

処方される時に医薬品の注意点を説明されると思いますが、
ここで改めて注意点をチェックしておくといいでしょう。

例えば持病やアレルギーのある人、服用中の薬が他にある人は、
処方される前に医師に伝えておく事が必要です。

ショック症状を起こしたり、薬同士の相乗効果で重い副作用が発生したら大変です。
また、薬同士でなくても飲みあわせや食べ合わせの問題もあります。
当然の事ながら、自分の判断で飲むのを止めるのは危うい場合が多いです。

副作用が起きない様に医師は慎重に処方箋を作成し、薬剤師も丁寧に説明しているはずですが、
副作用がわずかながら発生する事があります。

その薬を服用する事により、どのような副作用が発生するかも気になる人は見ておきましょう。
初期症状に念のため注意し、明らかに該当するものがあれば直ちに病院で診察を受けましょう。
特に気になるのは、妊娠している方が薬を服用する場合です。
どのような注意をすればいいのでしょう。

女性ホルモン薬は禁忌

まずちょっとした先天異常は、薬を服用していなくても100人に2人程度発生するそうです。
大部分の薬はこの確率を高める様なものはないのですが、
ごく一部の特殊な薬に注意が必要です。
それではどのような薬に注意が必要なのか、主な薬の危険度が列記されています。

禁忌の薬は赤字で表記されています。
このリストの中にはアルコールとニコチンも含まれています。
飲酒や喫煙が胎児に及ぼす影響もきちんと評価しているのは、リスク評価の上で有用です。
当然の事ですが、ほとんどの女性ホルモン薬は禁忌です。

禁忌の薬については、妊婦以外にも様々な症状を抱えている人に対する分類がなされています。
循環器、消化器等様々であり、服用により却って症状を重くしてしまうものが列記されています。

かかりつけの医師ならば普段から理解しているでしょうが、
そうでない場合には処方される前に医師に伝えておく必要があります。
使い方を誤ると重大な副作用を引き起こす恐れのある、警告のある薬もリストが存在します。